エクシア代表の菊池翔氏の経歴とは?敏腕トレーダーの来歴を徹底検証!

こんにちは、FPの川崎です。

今回の記事ではエクシア代表の菊池翔氏について紹介していこうと思います。

エクシア代表の菊池氏は、エクシアのトレードを一手に担っている、まさに金融のプロ。

  • FXトレード
  • 外部委託の運用商品の選定
  • 貸金業免許をつかった新たなビジネス展開

など、その内容は多岐に渡ります。

また毎月月利3%前後という驚異的な成績を出し続ける結果へのコミット力もさすがの一言です。

川崎の菊池氏の印象としては、菊池氏は現場叩き上げの非常にタフな人間という印象です。

菊池翔氏の経歴

1996 年 – 東京モード学園 ファッション基礎学科卒業
2008 年 – 独学で専業FXトレーダーの道へ
2009 年 – 利益率 2,520 %という驚異的なトラックレコードを記録
2011 年 – 国内プライベートファンドの為替トレーダーに就任
2012 年 – 海外ヘッジファンドのアドバイザリーに就任
2013 年 – 資本金 100 万ポンドをもとに英国法人を設立
2014 年 – 海外証券会社の為替トレーダーに就任
2015 年 – エクシアジャパン合同会社設立

エクシア公式HPより

エクシア合同会社の代表社員である菊池翔氏は、なんと東京モード学園出身です。

エクシアはオフィス、HP、パーティ、ロゴなどどれをとっても非常に洗練されていますが、
菊池氏のセンスの賜物なのでしょう。

2008年から専業FXトレーダーに転身されています。
しかしこの経歴には書いていませんが、その前の6年間、北海道札幌市内の自宅に籠り、1日17時間FXの勉強を独学でされていたそうです。

また、

ヒストリカルデータを利用する多種多様なテクニカル分析、世界の経済情勢や経済指標、要人発言を要因とするファンダメンタルズ分析はもとより、月の満ち欠けや惑星配置、惑星が特定の角度を形成する相関を利用した金融占星術

エクシア公式HPより引用

など、様々な手法を独学でマスターされたそうです。

まさに執念のなせる技ですね。30代という貴重な時間をトレードだけに費やすその執念は尋常ではありません。

専業トレーダー転身後は、国内大手証券会社や海外ヘッジファンドでトレーダーとして活躍するなど、エクシア設立前に様々な証券会社で経験を積まれていたようですね。その結果、金融業界では名の通った敏腕トレーダーとなられています。その実力を端的に表す経歴が年間2,520%という驚異的なトラックレコード。

その実力を提げ、2015年エクシアジャパン合同会社(現エクシア合同会社)を設立されています。

「孤高の箴言」を出版

そんな激動の人生を歩んできた菊池氏ですが、2019年にその半生を記した著書、孤高の箴言を出版されています。

ちなみに書籍は3,000円と、若干高め。

箴言とは「戒めの言葉」みたいな意味で、まさに菊池氏のようにチャレンジしてきた人間だからこそ紡ぎ出される言葉が並んでいます。

ちなみにエクシア・シニア・ヴァイスプレジデントの関戸氏も実は小説家で、書籍を出版されています。

一条響さんとの関係

一条響さんとは、新宿歌舞伎町CLUB FOURTY FIVEに在籍されているキャバ嬢。

菊池氏は一条響さんに対して一日で1,600万円も使うほど入れ込んでいるようです。

菊池氏のインスタグラムでは一条響さんへのアプローチが展開されていた時期もありました。

トレード同様に、「狙った獲物は逃さない」という執念を感じますね。

とてもお似合いの二人ですが、投資家としては少し不安を覚える方もいらっしゃるようです。
しかしプライベートはあくまでプライベート。

いつもお世話になってますから、休む時は思う存分休んで頂きたいです。

まとめ

今回は菊池氏の経歴についてまとめました。

非常にストイック、かつチャレンジングな性格であり、自分の理想を形にするまで一切妥協を許さないといった強い決意が感じられます。

特に、独学で勉強したFXトレードで毎月3%前後という非常に高い利回りを出し続け、
エクシア設立後は社長として、トレード以外の場面でも多くの経験値を得てきているはず。

また、エクシア・アセット・マネジメントもこれから投資案件が発表されますから、今後の菊池氏の同行に要注目ですね!